機械式時計を長持ちさせるコツ!?分解掃除がお勧めですよ

機械式時計ってどんな時計なの?

腕時計と言うと電池を使ったクォーツ式が一般的ですよね。クォーツ式時計は水晶振動子の正確な周波数を利用しているので、1年間の誤差を最小限に抑えられると言うメリットがあります。しかし、電池が切れてしまうと交換が必要と言うデメリットもありますよね。これに対し、機械式時計のムーブメントは歯車やゼンマイなどのメカニズムにより時計を動かしているので電池交換が要らないと言ったメリットがあります。但し、機械式時計はゼンマイを巻いて使う腕時計なので、ゼンマイを定期的に巻いてあげる必要がありますね。

機械式時計のメンテナンスは何をすれば良いの?

機械式時計やクォーツ式時計、ムーブメントに関係なく日常的に行うメンテナンスは使い終えた後は柔らかい布などでガラスや裏蓋、ベルトなどを磨いてあげるなどになります。裏蓋やベルトは肌に密着する部分なので、そのまま放置しておくと匂いが付着してしまうケースもあるので、しっかりと磨いてあげましょう。機械式時計の場合は、毎日同時刻にゼンマイを巻いてあげると言うのもメンテナンスの一つと言えますが、機械式時計には自動巻きと手動巻きがあるので、自動巻きの場合はなるべく持ち歩くのが長持ちさせる秘訣です。

3~4年に一度の割合でオーバーホールがお勧め

機械式時計の内部がどうなっているのか興味を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、素人さんが中を見ようとあげるのはご法度です。機械式時計の内部には大小様々な歯車があり、分解してしまうと故障の原因になりますし、元に戻らなくなります。機械式時計は3~4年に一度の割合でオーバーホールに出すのが良いと言いますが、オーバーホールと言うのは分解掃除であり、機械式時計を熟知している職人さんだけが出来る技でもあるのです。

グランドセイコーは、日本の腕時計メーカーのセイコーが所有する高級腕時計ブランドの1つです。日本国内で部品生産から組み立てまで一貫して製作しています。